倉庫の費用

大阪は日本第二の都市であり、西日本における経済の中心地です。大阪周辺には阪神工業地帯が広がり、高速道路が整備され、大阪湾には大阪港や神戸港などがあるなど物流の中継点ともなっています。そのためそれらの物流で利用される倉庫も多くあります。 倉庫を借りるための費用としては、いわゆる保管料を支払う必要があります。また倉庫から荷物を出し入れするための荷役料などのほかサービスに応じて料金を支払う必要があります。また借りる倉庫が冷蔵や定温といった機能がある場合には費用は高めになります。 なお、保管料の計算は1ヶ月単位や3期制と呼ばれるものがあります。3期制度は1ヶ月を10日に分けて利用し、その期ごとに保管料が請求されるというものです。

倉庫を借りるメリットとしては、荷物の必要量に応じて利用できるという点があげられます。これにより物流に掛かる固定費用の削減に貢献することができます。また物流量が低下したさいの倉庫の契約を打ち切ることで経費削減が比較的容易に行うことができます。それに倉庫で必要とされる人材の確保や教育などの人事管理および労務管理をアウトソーシングすることができ、自社で倉庫を有するよりもコストダウンすることができます。 倉庫を利用するさいのポイントとしては、その立地が大きく影響します。大阪では港湾部に多くの倉庫があり、海外からの輸出入はもちろん高速道路を利用して日本全国に物を運ぶための中継点として利用することができます。